がん保険と特定疾患の医療保険

医療保険の中にはがん保険や特定疾患の医療保険も含まれます。

□がん保険のタイプ
がんで死亡する人の数はとても増えていますから、がんに備えておける医療保険、がん保険の重要性がわかるでしょう。上皮内がんや悪性腫瘍となるがんに対応しているがん保険がほとんどです。長期入院や再発の恐れがあるがんのための医療保険として、在宅緩和ケア給付のあるがん保険や、がんターミナルケア給付金のあるがん保険もあります。貯蓄性のあるタイプや掛け捨てタイプがあり、保険料を払い込む期間には、保障期間と同じ期間払い込むタイプや、終身払い込みタイプなどがあります。

 

□がん保険の注意点
医療保険のがん保険には、がんであっても良性の場合や、上皮内がんには保険が支払われないものがありますから、注意が必要です。その保険会社の保障内容がどういったものに対応しているのか、契約内容を確認しておきましょう。そして免責期間があります。免責期間は契約から3ヶ月の間にがんとわかっても、保険金を受け取れない期間のことです。

 

□がん保険の選び方
がん保険は、対象となる病気ががんに限られますから、ほかにも医療保険に加入しておくほうが安心できます。がん保険の場合には、貯蓄するか掛け捨てにするか、入院や手術給付金の設定額、保険料の払い込み期間などを確認し、医療保険を補う形で選ぶようにします。年間の保険料がいくらになるかをシミュレーションし、保障内容と照らし合わせて選ぶようにしましょう。

 

特定疾患の医療保険とは

医療保険の選び方

医療保険とライフステージ

各社の医療保険比較&口コミ

医療保険と治療

保険無料相談窓口

サイト運営者情報

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録