後期高齢者医療保険・長寿医療制度って


日本国内に住む75歳以上の後期高齢者と、前期高齢者(65〜74歳)で障害のある者を対象とする、他の健康保険とは独立した日本の医療保険制度です

 

最近は長寿医療制度といわれますね。

 

75歳以上の後期高齢者と呼ばれる人たちも保険料を払わなくてはいけない。ということです。

今まで健康保険や国民健康保険の扶養家族になっており個人的には保険料を支払っていなかった75歳以上のお年寄り達からも保険料を徴収し医療費に充てるということで、とにかく負担は増加するということです。
当然、扶養家族でなく年金暮らしの老人にも保険料は課せられるわけで、年金からの天引きになるそうです。

 

高齢者の自己負担割合は1割のままとして、それ以外の部分を、公費(税金)と保険料で半分ずつまかなう。保険料収入のうち、2割は高齢者自身に払っていただき、8割は若い人(現役世代)が負担しましょう(後期高齢者支援金)、と決めたのだそうです。
これを、高齢者に厳しいと見るか、若者に厳しいと見るか、それはさまざまな意見があると思います。さらにいえば、高齢者にも若者にも、高収入の人もいればそうでない人もいますよね。とても複雑です。


医療保険の選び方

医療保険とライフステージ

各社の医療保険比較&口コミ

医療保険と治療

保険無料相談窓口

サイト運営者情報

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録