不妊治療にも医療保険は使える?

□不妊治療に医療保険は適応するか

そして不妊治療の場合、保険診療に該当するのは下記の通りです。

<保険診療で行なえる治療例>
タイミング療法
クロミッド療法
HMG−HCG療法

保険診療の場合、基本的には患者さんの3割負担ですから費用が安く済む事はお判り頂けるかと思います。残りの7割は自分で毎月支払われている健康保険と国や市町村の税金から支払われることになります。

アンケート結果でも最も悩む項目の1つとなっています

不妊治療の初期の検査や治療においては保険診療が可能です。治療で言えば、簡単なカウンセリングや血液検査、タイミング療法や排卵誘発剤による治療も保険でカバーされます。

 

□不妊治療で医療保険の必要性

不妊治療で双子が産まれる確率は25%です。
双子の場合、ほぼ間違いなく、帝王切開などのリスクを負います。
そんな時の為に不妊治療を受ける前に、医療保険に入っておきましょう。
不妊治療するってことは、高い確率で、OHSS、双子管理入院、帝王切開などのリスクを負うという事です。





医療保険の選び方

医療保険とライフステージ

各社の医療保険比較&口コミ

医療保険と治療

保険無料相談窓口

サイト運営者情報

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録